STAGE・EVENT

2021年6月音楽劇 「黒と白 -purgatorium-」第3幕の上演が決定!【4/23情報更新】

音楽劇「黒と白 -purgatorium- amoroso」が2021年6月に東京ドームシティシアターG ロッソにて上演いたします。

本舞台は 2020 年 2 月に日本青年館で上演された音楽劇「黒と白 -purgatorium-」、2020 年 11 月にヒューリックホール東京で上演された音楽劇「黒と白 -purgatorium- adlibitum」に続く、 シリーズ三作目の舞台となります。 

 

音楽劇「黒と白 -purgatorium- amoroso」 

【会場】 東京ドームシティ シアターG ロッソ(〒112-8575 東京都文京区後楽 1-3-61)

 

【公演スケジュール】 

2021年6月30日(水)〜7月4日(日) 【全9公演】


6/30(水)18:00 AB

7/1(木)12:30 AC    18:00 AB

7/2(金)12:30 AB    18:00 AC

7/3(土)12:00 AC    17:00 BC

7/4(日)12:00 AB    17:00 AC

Aルート : 8回、Bルート : 5回、Cルート : 5回

※A.B.Cの三つの物語が存在し、公演ごとに組み合わせが異なりますが、全公演で全出演者が登場します。


A ルート「原罪 -晦冥の羽根-」...傲慢、奇跡、幸福(災禍)、罪過 

B ルート「壊れた世界の果てに・・・」...強欲、暴食、破滅、矜持、叡智
C ルート「僕が生きる意味」...色欲、嫉妬、寛容、寵愛、夢想

 

A ルート「原罪 -晦冥の羽根-」
君といたい。だから僕は、幸せな罪を背負って黒く染まるのだ。 人間との純愛で黒に堕ちた天使。 彼への狂愛で黒を望んだ天使。 原罪とは、愛してならないものを愛したこと。 ――これは、黒と白の天使たちの物語。


※B、C は人間(に転生した天使たち)の話となります。

 

【出演】 傲慢(ルシフェル):岩永徹也

奇跡 (ミカエル):平井雄基さん

色欲(アスモデウス):塩澤英真さん

嫉妬(レヴィアタン):須賀京介さん

強欲(マモン):五十嵐拓人さん

暴食(ベルゼブブ):石川竜太郎さん

寛容(ガブリエル):千葉瑞己さん

破滅(アバドン):吉田知央さん 

幸福(災禍)/マルート  : 末原拓馬さん

罪過/ハルート :  縣豪紀さん

矜持/カマエル : 鷲尾修斗さん

寵愛/ハニエル : 植田慎一郎さん

叡智/イオフィエル : 鈴木翔音さん

夢想/ラミエル  : 鈴木遥太さん

テルシー : 寺澤佑紀さん

メル : 澤田真里愛さん

エラト : 瑠己也さん

 

【チケット価格】

全席指定 : 11,000円(税込/特典 : ブロマイド(全14種からランダム4枚付き)

※岩永徹也オフィシャルファンクラブにて先行受付あり。

 

【音楽劇「黒と白 -purgatorium-」世界観】

あるとき創造主は、不完全な世界(人)を壊して、作り直すことを決める。

その決定に異を唱えた天使たちは、『黒』の烙印を押され、翼を奪われて不完全な世界(人) に堕とされるのだった。

「世界(人)を見捨て天に帰ろう」と『白』の天使たちは、かつての友や兄弟を誘う。

しかし『黒』の天使たちは、人としての生を何度も繰り返しながら、首を振り続けるのだった。

不完全なものだからこそ、世界(人)はこんなに美しいのだ、と。

これは、ここではないどこかで繰り広げられる、世界(人)と、黒と、白の物語。

黒と白の間で、人の子は今日も踊る。

 

<公式サイト> https://www.kuro-shiro.com/

<公式ツイッター> @kuroshiro_2020

 

■公演に関するお問い合わせ

サンライズプロモーション東京

0570-00-3337(月~金の正午12:00~15:00のみ)